MENU
ブログ管理者 よこぽよ
アマゾンプライムのヘビーユーザー。
サービスを使って気づいた事を発信。

・趣味の読書や映画鑑賞をした時のレビュー
・購入商品のレビュー
・ブログ運営に関すること
・雑記ブログ
PVアクセスランキング にほんブログ村
【タイムセール価格!5000円オフ】Kindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 8GB ブラック 広告つき おすすめ電子書籍リーダー

本屋大賞【52ヘルツのクジラたち】感想・レビュー

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
スポンサーリンク

本屋大賞【52ヘルツのクジラたち】感想・レビュー

kindleで購入

全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2021年本屋大賞、町田そのこさんの『52ヘルツのクジラたち』読んでみました。

読んでいる間に何度も泣きました。

町田そのこさんの作品を読んだのは初めてです。

読み始めからずっと物語に引き込まれるのですぐに読み終わりました。

本屋大賞って色々調べてみると、本屋にお勤めの方達が本当に投票して決めている作品の様で、ノミネートされてから更に絞られてという、選出されるのはかなり狭き門の様です。

家族のこと

親子の関係、子供の虐待は「洗脳」とも言えるものだと主人公の貴瑚(主人公)の母親、愛(出会った男の子)の母親に絶望。

親からの虐待を受けている子供達というのは、助けることがとても難しい問題だと改めて考えさせられた。

また、「救ってあげられたら。」となんとも言えない歯がゆい気持ちになった。

52ヘルツのクジラの声(虐待を受けている子供たちの声)は、もしかしたら今この瞬間も私達に聞こえていないだけなのだと思うと本当にいたたまれない。

貴瑚を取り巻く人々の家庭状況から、一般的な家族の形になることだけが幸せなのではなく、自分の居場所を見るけることが一番なのだと悟った。

性別のこと

アンさんの気持ち考えたら、そりゃカミングアウト出来ないよなぁと、ほんとに複雑。

人の痛みのわかる物凄く優しい人だからこその行動なんだろなと。

性の問題は親子で受け入れていかないといけないのかも知れないし、デリケートな問題すぎて辛い。

アンさんのお母さんに、どうして娘の気持ちわかってあげられないのかとか落胆したり、でもお母さんも辛いよなとか。

アンさんと貴瑚に結ばれて欲しかったけど…

主人公の貴瑚

主人公の貴瑚は、壮絶な幼少期と青春時代を送っていて読んでいて本当に辛かった。

それでも卑屈になったり、弱すぎたり、優しすぎたり、何か癖のある考え方をするタイプではなく、可愛そうではあるけどかっこいいなぁと思った。

貴瑚がずっと聞いている「52ヘルツのクジラの声」が気になって動画探して聞いてみたけど、音があまり良いのが見当たらずに残念。

¥1,760 (2021/08/23 23:38時点 | Amazon調べ)

どんなに辛い状況でも前向きに生きる主人公に心打たれる作品です。

よこぽよ

最後までお読みいただきありがとうございました

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる